飲食店経営に大切なこととは?準備すべきことや初期費用を抑えるコツも紹介

積まれている椅子

飲食店経営を成功させるためには、開業前に念入りな準備を行う必要があります。

事前準備を怠ると開業当初から問題やトラブルが発生し、経営を軌道に載せるのが難しくなってしまうので注意しましょう。

今回は、飲食店経営に必要なことや、準備すべきこと、初期投資を抑えるポイントについて解説します。

飲食店経営に大切な「QSCVA」+「H」とは

飲食店経営を成功させるためには、「QSCVA」+「H」を大切にするのがポイントといわれています。

QSCVAとは、「Quality(品質)」、「Service(サービス)」、「Cleanness(清潔さ)」、「Value(価値)」、「Atomosphere(雰囲気)」それぞれの頭文字を取ったものです。

飲食店におけるQSCVAは、主に以下の要素を意味しています。

  • Q:メニューの質
  • S:スタッフのサービスや気配り
  • C:食材および店舗の衛生管理
  • V:提供されるメニューやサービスに付加される価値
  • A:店全体の雰囲気

これらの要素すべてのバランスが整っていると顧客満足度が高くなり、リピーターがつきやすいと言われています。

さらに日本の飲食店では「H」にあたる「Hospitality(おもてなし)」が重視される傾向にあります。

特に競合店の多いカテゴリでは、おもてなしの心がリピーターの決め手になるケースが多いため、消費者のニーズや要望を的確に把握し、適切な心配りや配慮を行うことが飲食店経営成功のキーポイントになります。

飲食店経営をするために準備すべきこと

飲食店経営を成功させるために、開業前に準備すべきことを4つご紹介します。

1.コンセプトの策定

飲食店経営を始めるには、まず店ごとのコンセプトを策定する必要があります。

たとえば「大人から子どもまで誰でも食事を楽しめる店」「大人のための隠れ家的なお店」など。

事業内容や経営方針、立地選びなどはすべてコンセプトに基づいて決定するので、どんな店にしたいのか、最初の段階でしっかり決めておきましょう。

2.事業計画書を作成する

事業計画書とは、飲食店を経営していくためのプランを書面にまとめたものです。

具体的には、開業の動機や事業内容、セールスポイント、経営戦略、必要な資金・人材、売上予測、そして前述した「QSCVA」+「H」のポイントなどを、複数の項目にわけて作成していきます。

事業計画を立てておくと、開業までに準備すべきことはもちろん、経営後にやるべきこと、目指すべき姿も明確になり、スムーズに経営を進めていくことが可能になります。

また、開業にあたって金融機関などから融資を受けるには、事業計画書の作成は必須となります。

3.開業資金の調達

飲食店を開業するには、店舗の賃料や内装・外装工事、調理器具や原材料の仕入、スタッフの人件費など、さまざまなコストが発生します。

これらを含む開業資金はどのくらい必要なのか、自己資金で足りないぶんはどのように調達するか、事前にしっかり計画を立てることが大切です。

4.立地選び

1で策定したコンセプトをもとに、店をかまえる立地を選びます。

たとえばファミリー向けなら住宅街、ビジネスパーソン向けならオフィス街や駅チカなどを選ぶと、コンセプトに合った集客が見込めます。

飲食店経営を成功させるなら初期投資を抑えるべき

飲食店経営では、開業前だけでなく、開業後にもさまざまなランニングコストが発生します。

オープンしたばかりの飲食店の経営が安定するまでにはある程度の期間が必要になりますので、開業時の初期投資はなるべく最小限に抑え、資金にゆとりを持たせておくことが大切です。

ここでは飲食店開業時の初期投資を抑えるコツを3つご紹介します。

1.売上予測>賃料になる立地を選ぶ

人通りの多い繁華街や駅チカの物件は集客しやすいというメリットがある一方、賃料が割高というデメリットがあります。

近年はPRやアプローチの選択肢が豊富になり、立地の弱点はある程度カバーすることが可能ですので、事前にシミュレーションを行い、売上予測>賃料になる立地を選ぶようにしましょう。

2.居抜き物件を選ぶ

居抜きとは、以前の店舗の内装や設備をそのまま譲り受けて営業を始める方法のことです。

かつて飲食店だった物件を居抜きすれば、内装工事や設備にかかる費用を最小限に抑えることができます。

3.中古品を活用する

業務用の厨房器具は家庭用に比べると耐久性が高いため、中古品でも十分活用できます。

きちんとメンテナンスされている商品なら衛生面の問題もありませんので、中古の厨房機器を上手に活用すれば初期投資を大幅に削減できます。

飲食店経営に大切なことをしっかり押さえて準備を行おう

飲食店経営には、「QSCVA」+「H」を実現するための施策や、事業計画書の作成、立地選び、初期投資の削減など、大切なことがたくさんあります。

どれか1つが欠けても飲食店経営を軌道に乗せるのは難しくなりますので、事前にしっかり準備を重ねた上で開業を目指しましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

中国语