レストランの内装作り3つのコツを業態別に解説

レストラン内装

レストランの内装は、そのお店の印象を大きく左右します。

おしゃれなレストラン、親しみやすいレストラン、提供する料理にマッチした内装を目指しましょう。

業態別にどのような内装がおすすめか紹介していきます。

【業態別】レストランでの内装作りのコツ3選

レストランの中でも代表的なイタリアン、フレンチ、中華料理の3形態のおすすめの内装を紹介します。

一口にイタリアンなどと言っても目指すべき雰囲気によって内装は変わりますので、自身のレストランのイメージと照らし合わせつつ考えてみてください。

イタリアンはおしゃれな内装を

イタリアンは主に地中海をイメージした清潔感のある内装、親しみやすいながらも温もりのあるおしゃれな内装が人気です。

コース料理を提供する高級イタリアンならすっきりとした内装、アンティーク調のテーブルなどを取り入れましょう。

カジュアルなイタリアンレストランの場合は家庭的な暖かみのある色合いの壁や床、テーブルクロスなどを採用するのがおすすめです。

ピザ窯が客席から見えるように配置するという方法もあります。

フレンチはスタイリッシュな内装を

フレンチはイタリアンよりもさらにスタイリッシュな内装を意識しましょう。

ホテルのラウンジのような高級感のある内装は、訪れた人に特別な時間を提供してくれます。

シンプルで時代に流されない、それでいて落ち着いた雰囲気を楽しめる内装がおすすめです。

中華料理は赤を取り入れて

中華料理店といえば赤を取り入れた内装を思い浮かべる方が多いでしょう。

中国では赤は縁起のよい色で、心理的にも食欲を増進させる効果があり、中華料理を提供するレストランにはぴったりの色です。

高級な中華料理を提供する場合は赤を使いすぎるとうるさく感じてしまう可能性もあります。

椅子の背面や壁の一部など、部分的に赤を使うとよいでしょう。

汚れが目立ちにくく、掃除をしやすい素材、色を取り入れることも大切です。

レストランの内装作りの重要性

レストランは提供する料理だけでなく、内装も売り上げに大きく影響を与えます。

その重要性について今一度考えてみましょう。

ぴったりの雰囲気の中で料理を楽しめる

高級なコース料理、手軽に特別感を味わえる料理、本場の味などにこだわっても、内装と料理がミスマッチだと十分に楽しんでもらえません。

料理に合う内装にすることでより特別感を演出し、料理を一層おいしく食べてもらえます。

近年はSNSがきっかけで人気店になるレストランも多いです。写真映えする内装もぜひ意識してみてください。

スタッフを募集しやすくなる

トレンドに敏感な方、若い方は、おしゃれなお店で働きたいと思っていることも多いです。

イタリアやフランス、中国など、日本にいながら海外のレストランに足を踏み入れたような内装のお店はとくに人気になりやすいです。

求人を出せば、そんなおしゃれなお店で働きたいと思っている方からの応募も集まりやすくなります。

「ここで働きたい!」と思ってもらえるような素敵な内装を考えてみましょう。

レストランの業態別に内装を考えよう

レストランの内装について解説しました。

イタリアン、フレンチ、中華料理の内装のおすすめを紹介しましたが、和食、アジア料理などほかにもさまざまな業態に適した内装があります。

提供する料理や目指す雰囲気に合わせて、ぴったりの内装にこだわってみましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语