飲食店開業までどのくらいかかる?フローチャートの作り方も紹介

開業までの計画

コンセプトの設定や物件探しなど、飲食店は開業するまでに半年~1年程度時間がかかります。進捗確認のためにもフローチャートを作成し、予定を確認しながら進めましょう。

この記事では、飲食店開業までにかかる期間と、フローチャートの作り方を解説します。

飲食店開業までに必要な期間は6ヵ月~12ヵ月程度

飲食店の開業では半年~1年程度準備期間が必要です。また、開業が予定通りに進まないと、余計な費用がかかったり、準備不足のまま営業をスタートしたりする結果となってしまいます。

進捗を確認するためにも、飲食店の開業ではフローチャートを作成し、随時、軌道修正していくことが大切です。

飲食店開業を逆算したフローチャートの作り方

飲食店開業のフローチャートでは、開業当日までの作業を1ヵ月単位で逆算し、今なにをすべきか定めていきます。

ここではそれぞれの段階で、やるべきことを解説します。

12ヵ月前:コンセプト作り

開業の1年前から「どのような店にしたいか」を具体的に決定していきます。

誰に・何を・どのように・いくらで提供するか、細かな条件は「6W3H」などの考え方にあてはめると分かりやすいでしょう。

10ヵ月前:事業計画書の作成

店のコンセプトが固まったに、融資を受けるために事業計画書を作成します。事業計画書では店のイメージを具体的な数字(メニュー価格、売上、利益など)に落とし込んでいく作業が必要です。

7ヵ月前:物件選び

物件選びでは、次の点を確認しましょう。

  • 店舗のコンセプトにあっているか
  • ターゲット層(顧客)が訪れる立地か

物件選びでは、何件も内見し、広さ・賃料・状態・駐車場の有無なども含めてベストな物件を探しましょう。

3ヵ月前:内装工事

物件を借りたら内装工事をします。内装工事を依頼する業者を選ぶ際は

  • 飲食店の内装経験は豊富か(特に同じ業種の施行事例があるとよい)
  • コンセプトの要望や相談に親身に対応してくれるか

上記を確認しましょう。

店舗の内装は一度施工すると、リニューアルも難しくなります。そのため、真摯に向き合い、要望を尊重してくれる業者を選びましょう。

2ヵ月前:メニュー作成

メニューは原価率の30%を上限として作成しましょう。原価を考えず自由に決めてしまうと、利益を圧迫しかねないため注意が必要です。

さらに、

  • 顧客に受け入れられる販売価格か
  • 顧客が満足できる内容か
  • 利益をしっかり確保できるか

上記を確認しながら、設計しましょう。

1ヵ月前:備品購入・スタッフ採用

店舗で使う備品や食器の発注を行います。

また、スタッフを雇用する場合は、採用活動をはじめましょう。

2週間前:開業手続き・事務手続き

開業の際は官公庁で、下記の手続きが必要です。

【保健所】

  • 飲食店営業許可

【税務署】

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書
  • 給与支払事務所などの開設届(スタッフを雇用する場合)

1週間前:ロールプレイ・プレオープン

開店1週間前には、当日の予行演習を行いましょう。

また、プレオープンを行えば、満席時の対応や、実際に料理ができるまでの時間など、当日の課題も理解できるため有効ですが、対応がままならないと悪い口コミが拡散される可能性もある点には留意しましょう。

飲食店開業までの道のりはフローチャートを作成し把握しよう!

飲食店を開業するには半年~1年程度時間がかかります。

開店までに必要な準備を抜け漏れなく把握するには、フローチャートの作成が有効です。

開業日時は早まっても、遅くなっても、売上などに影響がでる可能性があるため、計画を立ててすすめましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから