日本でケバブ屋を開業するなら知らないとまずい3つの注意点

ケバブ

ケバブはトルコの伝統的なファストフードです。ピタパンという薄いパンに肉、野菜、ソースを挟んで食べます。

ケバブと言えば店頭で大きな肉を焼いている光景を思い浮かべる方も多いでしょう。

日本でケバブ屋を開業したい!と思ったときに知っておきたい注意点を3つ紹介します。

近年人気が出てきているケバブ屋を開業するには何が必要かチェックしていきましょう。

日本でケバブ屋を開業する際の注意点3つ

日本でケバブ屋を開業する際に知っておくべき注意点を解説します。

どんな経営方法があるのか、どんな機材が必要なのかなどを考えましょう。

固定店舗かキッチンカーか決める

日本のケバブ屋は、一般的な飲食店のように固定店舗が多いです。

一方で、必要な機材が少ないことからキッチンカーで移動販売をするケバブ屋もたくさんあります。

キッチンカーは許可さえ取れば好きな場所で販売できます。イベントの度に移動して売れば、その分売上も期待できるでしょう。

固定店舗で着実に認知度を上げてリピーターを増やすか、移動販売で臨機応変に販売していくか、どちらがより理想に近いか考えてみてください。

必要な機材を揃える

ケバブ屋に必要な機材は、まずケバブを焼くためのグリルです。

大きな肉を差し込み、回転しながらじっくりと焼くものです。

さらにそのケバブの肉をスライスするナイフも必要です。専用のケバブナイフは刃渡りが50センチ以上あり、一度でしっかりと大きな肉を切り取れます。

その他冷蔵庫、シンク、作業台など、ケバブ屋は最低限の機材でも開業できますが、ドリンクやアイスも提供するならそれぞれに必要な機材を用意しなければなりません。

必要な許可を取る

ケバブ屋を開業する際は、営業許可を保健所からもらう必要があります。

その際はシンクの大きさや食器棚などの満たすべき条件があります。

キッチンカーで販売する場合も、保健所で食品営業自動車の許可を取りましょう。

日本でケバブ屋の開業が人気の理由3つ

ケバブ屋は日本で人気を獲得しつつあります。

その理由を3つチェックしてみましょう。

フランチャイズ化が進んでいる

ケバブ屋のフランチャイズ化が進んでいることが、ケバブ屋の人気を高めています。

フランチャイズ店に加盟すると、ケバブ屋を経営するノウハウや必要な機材、食材の仕込みなどを教えてもらえます。

いきなり一人で開業するのは不安という方にもぴったりの開業方法です。

ファストフード感覚で気軽に食べられる

ケバブは薄いパンに肉や野菜を挟んだ食べ物です。そのため、ハンバーガーなどのファストフードと同じように食べられます。

チェーン店の味に飽きたトレンドに敏感な若者にも人気です。

若者が多い場所で出店すれば、気軽にお店に入ってもらえるでしょう。

ケバブの認知度が高まっている

ケバブ屋の増加やメディアで取り上げられる機会が増えたことも相まって、ケバブ自体の認知度が高まっています。

一度食べてみたい!という方が気軽に食べやすい雰囲気のお店作りや、他のケバブ屋よりも美味しい、見た目も楽しめる、リーズナブル、メニューが豊富などの特徴を作れば、より長く愛されるケバブ屋を目指せます。

日本でケバブ屋を開業する準備を進めよう

日本でケバブ屋を開業するための注意点や人気の理由を紹介しました。

ケバブ屋は必要な機材も食材も少なく、比較的簡単に始められる飲食店の一つです。

自分に合う経営スタイルを考えて、開業を成功させましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语