飲食店におけるDXとは?注目される背景や事例を詳しく紹介

メニューのQRコード

飲食店経営にDXを取り入れることで業績アップを目指せます。

DXとは「Digital Transformation」の略称で、ITの導入によって人々の生活をより豊かにするもの」という考え方です。

このDXを飲食店に導入するとどのような影響があるのかについて紹介します。

飲食店でDXが注目されている背景

これまでの飲食店は、来店し、スタッフと対面してやり取りをし、他のユーザーと同じ空間で食事をするのが当たり前でした。

しかし新型コロナウイルスの影響によりこれらがすべて感染の原因になることが叫ばれるようになりました。

そんな飲食店にDXを導入することで、接触や飛沫感染を避け、安心して料理を楽しめるようになります。

そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DXは本来はITによって人々の生活を豊かにするという考え方のことです。

飲食店とは無関係のように思えますが、DXを導入している飲食店が増えています。

スマホでの非接触の決済、タブレットでの注文などもDXの一環です。

さらに近年は事前に決済を済ませる、スマホで注文して来店時に受け取る、スマホで注文して自宅に届けてもらうなど、DXを取り入れた経営スタイルが豊富になっています。

飲食店のDX推進を成功させるポイント

飲食店にDXを取り入れる際にどんな点に注目すればいいのかについて説明します。

デジタル化できる部分を見つける

まずはどの部分にDXを導入するか検討しましょう。

決済方法はとくにデジタル化しやすい部分です。

来店しなくてもその飲食店の料理を楽しめるデリバリーなどを取り扱うことも可能です。

どの方法でデジタル化を取り入れるか

決済やデリバリーなどにはさまざまなツールがあります。

無料のツールから有料ツール、代行サービスなど、どのツールを使うのが効率的で経済的なのかを考えましょう。

知名度などで選ぶのではなくその飲食店に合うツールを選ぶことが大切です。

飲食店のDX推進事例

飲食店のDX推進事例を紹介します。

その飲食店に合うDXを推進することで、より売り上げアップに繋げられます。

SNSを活用する

SNSを通して飲食店を宣伝することもDXの一つです。

チラシを配ったり高い広告費を支払ったりする手間をかけず、飲食店のアカウントを格さんしてもらうことで宣伝ができます。

その飲食店のアカウントや位置情報をタグ付けして投稿してもらうのも宣伝になります。

デジタルオーダー化

QRコードなどでメニューを読み込み、スマホで料理を注文するというデジタルオーダーを導入している飲食店もあります。

スタッフとの会話やタブレットの接触などを避け、感染対策しつつ料理を注文できます。

これらは言葉が通じない方や体が不自由な方でも利用しやすく、また店舗に来店しなくても注文できるなど、感染症対策以外にもさまざまなメリットがあります。

飲食店にDXを取り入れよう

DXについて、飲食店にDXを導入するポイントについて紹介しました。

飲食店の経営を続ける上でDXは切っても切れない関係にあります。

SNSの活用やデジタル決済、デジタルオーダーなど、DXを取り入れている飲食店はたくさんあります。

実際の事例を参考にしつつ、どんなDX化ができるのかを考えていきましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

line友達登録

中国语