バーの開業に必要な初期費用や資格とは?実際の月収目安についても解説

バーカウンター

飲食店の中でもバーは狭いスペースでも開業できる、初期費用を抑えて開業できるというメリットがあります。

バーの開業を検討している方は、初期費用の目安や必要資格などをあらかじめ確認しておきましょう。

バーを経営する上での月収の目安も解説しますので、参考にしてください。

バーの開業に必要な初期費用

バーの開業に必要な初期費用は、500万円から700万円程度が相場です。これは一から内装をデザインする場合であり、居抜き物件を取得したり、駅から離れた立地の物件を取得したりすることで費用を抑えられます。

他にも、厨房機器を新品ではなく中古品で揃えたり、内装をDIYでおこなって費用を抑えたりする方法もあります。

バーは最初に揃える食品などは少ないですが、料理にこだわったりマニアックなお酒にこだわったりする場合はあらかじめ用意できるだけの費用も残しておかなければなりません。

経営が安定するまでの運用資金については、最低でも200万円、余裕をもって400万円程度残しておきましょう。

バーを開業するために必要な資格とは

バーを開業するための専門の資格はありませんが、飲食店を開業するために取得しなければならない資格は2つあります。

一つは食品衛生責任者です。これは食品衛生協会が実施する講習を受講することで取得できます。

もう一つは防火管理者です。こちらも講習を受講することで取得が可能です。

この二つの資格を取得したら、飲食店営業許可を保健所に提出します。

さらに深夜にアルコールを提供するバーでは、深夜酒類提供飲食店営業届を提出しなければなりません。

他には防火管理者選任届出、特定遊興飲食店営業許可の提出も必要な場合があります。

バーの開業の流れを解説

バーを開業するためにはまず物件を取得する必要があります。バーの営業に適した物件を見つけるまで根気強く探しましょう。

次に客席やレイアウトを決定します。バーは厨房機器も少なくて済みますが、冷蔵庫や製氷機、シンク、食器棚など必要最低限のものは揃えられるようにしてください。

仕入先を確保することも大切です。飲食店に卸売りしてくれる業者を見つけると、提供するメニューの質を下げずに仕入れ値を下げられます。

バーでは現金での会計だけでなくキャッシュレス決済も人気です。キャッシュレスに対応できるような準備もしておいてください。

バー経営は儲かる?月収の目安とは

経営するバーの規模にもよりますが、バーの月収は17万円から25万円程度が一般的です。

仕入れ値だけでなく家賃や光熱費などの固定費も支払った上でどれくらいが手元に入るのかをきちんと把握しておく必要があります。

また、経営が安定するまでは売り上げが目標に到達しなかったり、近年は新型コロナウイルスの影響により営業時間の短縮が求められたりしています。

バーの開業には厳しい状況ではありますが、その中でどんな対策をすれば成功できるのかを考えましょう。

バーの開業準備を始めよう

バーの開業に必要な初期費用や資格、許可などについて解説しました。

飲食店の開業には初期費用がかかりますが、物件選びや仕入先の選び方によっては初期費用を抑えやすいです。

融資やローンを利用する際は、開業後の収入の目安も考えた上で無理のない返済計画を立てましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

line友達登録

中国语