飲食店がウーバーイーツ(Uber Eats)に登録するメリット・デメリットを徹底解説

配達員に荷物を渡す

新型コロナウイルスの影響によりテイクアウトやデリバリーの需要が高くなりました。

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録することを検討している飲食店も多いです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)はどうして人気なのか、登録するとどんなメリット、デメリットがあるのかについて見ていきましょう。

ウーバーイーツ(Uber Eats)はなぜ人気?

ウーバーイーツ(Uber Eats)は近年話題のデリバリーサービスです。

自宅にいながら近くの店舗の料理を楽しめるため、新型コロナウイルスの影響で外食を控えなければならない昨今、とくに利用者が増えています。

アプリで気軽に注文できる、クーポンを使ってお得に人気店の料理を楽しめるなどのメリットもあります。

飲食店がウーバーイーツ(Uber Eats)に登録するメリット

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録するメリットを3つ紹介します。

配達員を雇う費用をカットできる

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録すれば配達員が料理を運んでくれるので、店舗で配達用のシフトを組む必要がありません。

最小限の人員で店舗を回せるため、人件費のカットができます。

デリバリーの準備が不要

デリバリーを開始するためには、バイクや自転車などを用意する必要があります。

バイクや原付の免許を持っている人材がいない場合は新たに人材を雇用したり、免許取得を待つ必要もあります。

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録すればこれらの準備は一切不要で、初期費用のカットができます。

店舗の売り上げがアップする

ウーバーイーツ(Uber Eats)のアプリに掲載されることで、その店舗を知らなかった人からの注文も期待できます。

外食の需要が減少していてもデリバリーで一定の売り上げを確保できます。

時短営業などを余儀なくされている場合にもデリバリーは大きく売り上げに貢献します。

飲食店がウーバーイーツ(Uber Eats)に登録するデメリット

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録するデメリットを2つ紹介します。

本来の料理を提供しにくい

デリバリーのために容器を用意したり、汁物とごはんを分けたりすることで、本来の形で料理を提供できません。

暖かい料理、冷たいドリンクを一番いいタイミングで提供できないのも、飲食店にとってはデメリットになってしまいます。

配達員がトラブルを起こす可能性がある

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員が料理を乱暴に扱って中身がこぼれたり崩れたりする可能性があります。

注文した人とトラブルを起こしたり、注文した住所に届けなかったりするケースもあります。

知らない人に料理を配達されることに抵抗を感じる飲食店経営者もいます。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の登録の流れ

ウーバーイーツ(Uber Eats)への登録方法は簡単です。

登録ページに必要項目を入力するだけでOKです。

提供するメニューや提供するための容器、ウーバーイーツ(Uber Eats)用の価格なども考えておき、料理の写真も用意しておくとさらにスムーズです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録しよう

ウーバーイーツ(Uber Eats)のメリットとデメリットを紹介しました。

デリバリーの需要が高まっている昨今、ウーバーイーツ(Uber Eats)のようなサービスは飲食店にも大きなメリットがあります。

デメリットと比較して、登録すべきかをしっかり考えましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから