飲食店テイクアウト容器の選び方をメニュー別に詳しく解説

テイクアウト用の容器を選ぶ女性

感染症対策から、テイクアウトやデリバリーメニューを充実させる飲食店が増えています。

飲食店での食べ残しを持ち帰れるようにすることも食品ロス問題の解消につながります。

今回はそんなテイクアウトに欠かせないテイクアウト容器について、またテイクアウト料金についてなどを解説します。

飲食店テイクアウト容器の選び方

テイクアウト容器はメニューによって適切なものを選ぶ必要があります。

利用者に自宅でもおいしく快適に料理を楽しんでもらえるようなテイクアウト容器を選びましょう。

総菜にはお弁当タイプの容器

総菜がたくさんある飲食店の場合は仕切りが多く浅めのお弁当タイプの容器がおすすめです。仕切りの数や大きさも多種多様ですので、メニュー内容に応じたテイクアウト容器を選びましょう。

SNS映えのするデザイン性の高いテイクアウト容器も増えており選択肢は豊富にあります。自宅に持ち帰ってすぐに食べられるよう、電子レンジに対応しているものが人気です。

汁物にはカレー皿タイプの容器

カレーだけでなくシチューやオムライスなど汁気が多いメニューの場合は、深めのカレー皿タイプのテイクアウト容器が人気です。

ごはんと汁物の仕切りは必要か、どれくらいのバランスで仕切られているか、メニューに最適な容器を選びましょう。

汁が漏れないようにきちんと密閉できるものである必要があります。

使用用途の多い丼ぶりタイプの容器

丼ぶりタイプのテイクアウト容器は、下にごはん、上の中皿に具材を乗せることで汁気がごはんに染み込むのを防げます。

丼ぶりだけでなくパスタと具材を入れられたり、デザートを中皿に乗せたりなど、さまざまな使い道ができます。

具材をスムーズに中皿からごはんに移せるようになっているものなどが人気です。

飲食店テイクアウト料金の決め方

店内で飲食ができる店舗でのテイクアウト料金は、店内料金よりも安く設定されることが多いです。

飲食店の座席を埋めることなく売り上げにつながるため、飲食店側も安く料理を提供できます。

利用者もテイクアウトなら安く済ませられるという認識でいるため、通常料金と同じ料金では提供しないようにしましょう。

単品売りをして、好きな料理だけテイクアウトできるようにするなどの工夫もできます。

飲食店テイクアウト容器の保管、衛生管理

テイクアウト容器は保管方法も重要です。

使う機会が少ない場合はほこりをかぶったりゴミが混入したりしないよう、密閉された袋や箱の中に収納しておきまよう。

使用頻度が高い場合も出しっぱなしにせず、その都度取り出すように徹底してください。

テイクアウト容器を無駄にしないために、適切な使い方を把握するためにも、最初は少量のテイクアウト容器を購入しましょう。

もう少し大きなテイクアウト容器の方がいい、デザイン性の高いテイクアウト容器の方がいい、単価の安いテイクアウト容器の方がいいなどの改善点も見えてきます。

提供する料理に合わせてテイクアウト容器を選ぼう

飲食店のテイクアウト容器の選び方について紹介しました。

感染症対策や食品ロス削減の問題からテイクアウトの需要は高まっています。

料理に合わせたさまざまなテイクアウト容器が登場していますので、料理の内容やデザイン、価格などから適切なテイクアウト容器を選びましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语