ラーメン屋の開業資金はどれくらいかかる?気になる費用目安を紹介

ラーメンを作る

ラーメン屋を開業するにあたって初期費用はどれくらい必要なのかについて解説します。

それぞれにどれくらい費用がかかるのか、どのようにして初期費用を準備するのか、さらに初期費用を抑える方法を解説します。

ラーメン屋の開業を考えている方はぜひチェックしてください。

ラーメン屋の開業費用の目安

まずはラーメン屋の開業費用の目安を紹介します。

開業するエリアや規模、提供するメニューによって大きく費用は変動しますのであくまで目安とお考えください。

物件取得費

物件取得費として家賃、敷金礼金、保証金、仲介手数料が必要です。

300万円から400万円程度が相場ですが、ラーメン激戦区や人気エリアだとより高くなり、郊外ならもっと安く取得できます。

厨房設備費

厨房設備として冷蔵庫やコンロ、シンクはもちろん製麺設備が必要です。

麺にこだわればこだわるほど立派な設備、大きな厨房が必要になります。

水道光熱費

ラーメン屋はスープを長時間煮込む必要がありガス代、水道代が非常に高いです。

電気、水道、ガス合計で毎月10万円以上必要なケースもありますので、経営を圧迫しないかよく考える必要がります。

内装工事費

ラーメン屋のコンセプトに合わせた内装にするための工事費も必要です。

デザイナーに依頼すればそれだけ高額になります。

テーブルやカウンター、エアコンなどを揃えていくと500万円以上かかるケースもあります。

ラーメン屋の開業資金を準備する方法

ラーメン屋の開業には高額な初期費用が必要です。

自己資金で用意できればそれに越したことはありませんが、足りないというときは他の方法で調達しなければなりません。

  • 日本政策金風公庫から操業融資を受ける
  • 各自治体の開業に関する融資を受ける
  • 国や各自治体の補助金、助成金を活用する
  • クラウドファンディングで資金を集める

といった方法があります。

融資は条件が厳しく、補助金や助成金はお金を受け取るまでに時間がかかることもありますので前もって計画的に準備しなければなりません。

ラーメン屋の初期費用を抑える方法

ラーメン屋開業の初期費用を抑えるには、厨房機器を安く仕入れる、居ぬき物件を借りる、内装をDIYするという方法があります。

厨房機器を安く仕入れる

ラーメン屋はとくに厨房機器が高額になります。新品を購入するのではなく中古品を購入する、リース会社を通して購入するなどの方法で初期費用を抑えましょう。

居ぬき物件を借りる

以前の飲食店の厨房機器などが残っている居ぬき物件を借りることで設備費などを大幅に抑えられます。

設備の譲渡に譲渡料がかかることもあるので注意しましょう。

内装をDIYする

内装工事費は意外と高額になりやすいです。

自身で壁を塗る、家具を作るなどDIYをすれば業者に依頼する半額程度で済む可能性も。

時間はかかりますがその分味のある内装にもできます。

ラーメン屋開業に向けて資金を準備しよう

ラーメン屋開業に必要な資金について解説しました。

ラーメン屋は飲食店の中でも初期費用が高くなりやすいです。

ラーメン激戦区に出店したい、本格的な麺づくりをしたい、メニューの数を豊富に揃えたいなど、こだわりがあればあるほど初期費用も高額になるので注意しましょう。

中古の厨房機器を購入する、DIYにチャレンジするなど、初期費用を安く抑える方法もチェックしてください。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语