飲食店がプレオープンを実施すべき理由と成功ポイントを解説

呼び込み

飲食店の本格的なオープンの前にプレオープンを実施するとさまざまなメリットがあります。

宣伝効果だけでなくお客様の意見を聞ける、お客様の傾向や従業員の動きを確認できるなど、プレオープンを有効活用しましょう。

飲食店のプレオープンの必要性、メリット、プレオープンを成功させるポイントなどを紹介します。

飲食店がプレオープンを実施する目的とは?

飲食店のプレオープンには、宣伝効果とオペレーションの最終確認の意味合いがあります。

プレオープン中は提供するメニューを制限することで仕入れのコストを抑えられますし、宣伝のために特別価格で提供することも可能です。

お得な価格で料理を食べられる、まだ誰も食べていない新しい飲食店を利用できるといった特別感から、よりおおくの集客を見込めます。

また、どんなにシミュレーションをしていても実際に利用者が入ると思うように動けない可能性もあります。

プレオープン中に従業員の動線や接客の流れを確認し、オープンまでに改善点を見つけることも大切です。

飲食店がプレオープンを実施するメリット

プレオープンの最大のメリットは従業員の動きの確認、そして接客や作業の効率を上げられるという点にあります。

従業員がどんな接客をしているのかをチェックしたり、アンケートで接客について確認すればどこに問題があるのか、オープンまでにどう改善するのかが見えてきます。

また、料理の味や価格とのバランス、提供時間なども満足できるものなのかを確認しておきましょう。

マニュアルを作っていても、飲食店が混雑するとスムーズにいかない場合もあります。プレオープンで混雑時の対応に慣れておけば、実際にオープンしてから慌ててしまうこともありません。

飲食店プレオープンを成功させるポイント

飲食店のプレオープンを成功させるポイントとしては、従業員や利用者をよく観察することが大切です。

ただ料理を提供するだけでなく、接客態度や伝票の書き方にバラつきはないか、料理はマニュアル通りに作られているか、バッシングやトイレの清掃などは行き届いているかを確認しましょう。

また、アンケートを実施してお客様の声を聞くことも重要です。

味、見た目、価格、接客、衛生面など、今後営業を続けていく上で大切な項目を作成し、簡単に答えられるようにしてください。

飲食店プレオープン後にチェックすべきこと

飲食店プレオープン後はプレオープン中に感じた改善点を洗い出し、改善に向けての方法を考えましょう。

調理や作業の効率、バッシングや清掃のマニュアル、さらに接客、案内に不備はなかったかなど、確認事項はたくさんあります。

オープンまでにミーティングを開催し、従業員全員がきちんと改善点を把握できるようにしておくことも大切です。

全員で何が問題だったのか、どう改善していくのかを話し合うことで、より万全の体勢で飲食店をオープンできます。

飲食店のプレオープンを有意義なものにしよう

飲食店のプレオープンについて解説しました。

実際のオープン前にプレオープンをすることで、問題点を把握できる、改善点を従業員全員で共有できるというメリットがあります。

アンケートなど利用者の声を飲食店のサービス向上に役立てましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语