うなぎ屋の開業に必要な設備や繁盛店にするための秘訣を紹介

うなぎ

うなぎ屋の開業のために必要な設備や資金、さらに開業するための手順を紹介します。

うなぎ屋は江戸時代から続いている伝統的な店舗もあり、参入するにあたっては独自のコンセプトなども必要です。

開業後も長く愛される店舗になるためにできることを考えておくことも大切です。

うなぎ屋の開業手順

うなぎ屋を開業する前には、飲食店が開業するために必要な手続きを進めておく必要があります。

申請のための書類を揃える必要もありますので、これらの基本的な手続きは早め早めにおこないましょう。

保健所に飲食店営業申請をおこなう

飲食店全般は飲食店営業の申請を保健所に対しておこなわなければなりません。

申請書の他に、店舗の図面、水質検査証明書、さらに必要であれば法人登記簿謄本を一緒に提出します。

これらの書類に不備があると許可を得て営業を始められませんので、まずはこの営業申請をおこないましょう。

食品衛生責任者を置く

食品衛生法によって、飲食店には食品衛生責任者を一人以上置くことが定められています。

食品生成責任者は、調理師、または栄養士、製菓衛生師のどれか一つ以上の資格を所有している人でなければなりません。

ですがこの資格を所持していなくても、保健所が実施している講習と試験を受けると責任者として認められます。

各種の手続きをおこなう

その他にも開業届の提出、健康保険や厚生年金の手続き、雇用保険の手続き、税金関連の手続きなど、飲食店開業の前におこなっておくべき手続きはたくさんあります。

飲食店の規模や従業員の数などによっておこなうべき手続きには違いがあります。

うなぎ屋の開業に必要な設備、資金

うなぎ屋の開業に必要な設備、資金について解説します。

一般的な飲食店開業に必要な設備からうなぎ屋ならではの設備まで、必要なものを考えておきましょう。

うなぎ屋開業に必要な設備

うなぎ屋の開業にはまず厨房設備を揃える必要があります。

うなぎ屋はメニューが少ないので業務用冷蔵庫でもそこまで大きなサイズのものを購入する必要はありません。

しかし調理台や焼き場などはきちんと確保しておきましょう。

うなぎ屋開業に必要な資金

うなぎ屋開業のためには不動産取得費、内装工事費、外装工事費、厨房機器の購入代金、テーブルやいすなどの家具の購入代金、さらに備品代などが必要です。

広告宣伝費、人件費、SNSやホームページの運営資金もかかります。立地や広さ、厨房機器の質などにもよりますが、高いと2000万円以上かかることもあります。

うなぎ屋を開業して繁盛店を目指す方法

うなぎ屋開業のために必要な手続きを済ませて設備を揃えて開業できたとしても、繁盛店を目指し続ける必要があります。

おいしいうなぎ屋として人気を集めるのはもちろん、他のうなぎ屋にはないコンセプトのメニューを出す、テイクアウトメニューを充実させる、ネットから注文できるようにするなど、現代のニーズに沿った営業方法も取り入れましょう。

うなぎ屋の開業準備を進めよう

うなぎ屋の開業のために必要な手続きなどを紹介しました。

うなぎ屋は高単価で必要な食材も少なく、調理方法も簡単なためチャレンジしやすい飲食店の一つです。

他のうなぎ屋に負けない魅力を考え、積極的にアピールすることで、長く愛され続けるうなぎ屋を目指せます。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事
中国语