飲食店の開業でクラウドファンディングを使うメリットと利用するときの手順

資金を集める

飲食店の開業には数百万円の莫大な資金が必要です。

その資金を賄うために近年注目を集めているのがクラウドファンディングという方法です。

クラウドファンディングとはどんなものなのかのメリットや注意点、実際にどのように利用するのか、さらにおすすめのクラウドファンディングサイトなどをチェックしましょう。

飲食店の開業でクラウドファンディングを活用するメリット

クラウドファンディングの最大のメリットは資金を調達できるという点です。

支援者が開業に必要な資金を支援してくれるので、融資が難しい場合や自己資金が足りない場合に役立ちます。

開業前にその飲食店のメニューやサービスを紹介できるので特定のファンを作りやすく、開業当初から経営を安定させやすいというメリットもあります。

さらにクラウドファンディングは支援者へのリターンもあり、支援する側も楽しめるのも魅力の一つです。

飲食店の開業時にクラウドファンディングを使う手順

実際に飲食店開業に向けてクラウドファンディングを使う手順を紹介します。

魅力的な事業内容を作成する

どんな飲食店を目指しているのか、集めた資金を何に使うのか、支援者にどんなリターンがあるのかなど魅力的な事業内容を作成します。

自分がやりたいだけの飲食店ではなく、支援者も楽しめる飲食店を考えることが大切です。

クラウドファンディングに登録する

クラウドファンディングサイトに登録します。

クラウドファンディングには目標金額を達成してから成立するタイプと、目標金額に届かなくても支援金を受け取れるタイプがあります。

手数料や利用している層などもサイトによって違いますので、使いやすくより支援者を集めやすいサイトを探しましょう。

活動報告とリターンをおこなう

集めた資金から手数料を差し引いた金額が振り込まれます。

その支援金を受け取ったら開業の準備や開業後の活動報告をおこないます。

当初約束していた支援者へのリターンをおこなうことも忘れずにおこないましょう。

飲食店の開業におすすめのクラウドファンディングサイト

日本最大級のクラウドファンディングサイトであるCAMPFIRE(キャンプファイヤー)は注目度が高くより多くの人にプロジェクトを知ってもらえます。

飲食店の支援に特化しているサイトがKitchen Starter(キッチンスターター)です。成功報酬タイプで費用を最低限に抑えられます。

飲食店に特化したクラウドファンディングサイトは他にもHAYARUKA(ハヤルカ)、makestory(メイクストーリー)などがあります。

知っておきたい!クラウドファンディングを利用する際の注意点

クラウドファンディングは魅力的な飲食店、サービスでなければ支援者を集めにくいです。明確で魅力的なプロジェクトを考えましょう。

支援者へのリターンは大きければ大きいほど支援者を集めやすいですが、経営の負担になりすぎないようなバランスを考えることが大切です。

また、サイトに登録して満足するのではなく、SNSなどを通して一人でも多くの人にプロジェクトを知ってもらうようにしましょう。

飲食店開業にクラウドファンディングを活用しよう

飲食店開業に役立つクラウドファンディングについて解説しました。

資金調達やファンの獲得につなげやすいクラウドファンディングですが、開業したい飲食店をよりしっかりアピールする必要があります。

使いやすいサイト、飲食店開業に特化したサイト、手数料が高すぎないサイトなど、サイト選びも慎重に進めていきましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから