動線や視線の管理が必要!飲食店内装でカウンターを設置する際の3つの注意点

飲食店のカウンター

飲食店にカウンター席を作る場合、

  • 店内の動線を妨げないようレイアウトに注意する
  • テーブル席との比率を考えて効率のよい間取りを考える
  • 良質なカウンター席の設置には想像以上の費用がかかる

といった注意点を知っておきましょう。中小規模の飲食店では、テーブル席のほかにカウンター席を設けることで、お一人さま客を効率よく取り込むことができます。しかし、カウンター席にデメリットがあるのも事実です。

そこで今回は、飲食店内装でカウンターを設置する際の注意点をご紹介します。

飲食店にカウンター席を作るメリットはお一人さま客の取り込みなど

飲食店にカウンター席を作るメリットは、

  • 初見のお一人さま客を取り込みやすい
  • テーブル席よりもサービスを充実させやすい
  • 調理中の様子をエンターテイメントとして提供できる

ことです。

カウンター席があると初見のお一人さま客を取り込みやすい

カウンター席があれば、お一人さま客を暇にさせることなく接客することができます。接客をきっかけに常連を確保できれば売り上げは安定しますし、口コミの紹介から団体客の予約へつながるケースも少なくありません。

テーブル席に比べて充実したサービスを提供できる

カウンター席は、テーブル席や座敷に比べてお客さまとの距離が近いです。距離が近いということは、食事やお酒の進み具合もこまめにチェックでき、会話などでもお客さまを楽しませることができるということでもあります。

提供するサービスの質を高められるという意味でも、カウンター席はおすすめです。

カウンターからキッチン内の作業をエンターテイメントとして見せられる

カウンター席は客席からキッチンが見えるので、お酒や料理を作っている様子をエンターテイメントとして披露することができます。フレアバーや焼き鳥など、調理中の様子が楽しい飲食店は、積極的にカウンター席を設置しましょう。

飲食店にカウンター席を設置する際の注意点は動線に注意すること

飲食店にカウンター席を設置する際の注意点は、

  • カウンター席が邪魔にならないよう配置に気をつける
  • テーブル席との比率を考える必要がある
  • よいカウンター席は高い

ことです。

カウンター席の位置や大きさによって動線が妨げられてしまう

カウンター席を設置する場合、荷物置きや上着をかけるためのスペースなども必要になります。店内をスムーズに移動できるように、設計の段階で効率のよい動線を考えることが大切です。

カウンター席の大きさ次第で店舗の席数が大きく変わる

席数の少ないカウンター席よりも、テーブル席を増やしたほうがより多くのお客さまをもてなすことができます。テーブル席との比率によっては、団体客の予約を受けられなくなるので注意が必要です。

良質なカウンター席は想像以上に高い

高級感のある一枚板のカウンター材など、良質なカウンター席には想像以上のコストがかかります。質の悪い素材だと、カウンターが反ったり、手触りが安っぽくなってしまったりするので、カウンター席にはある程度お金をかけましょう。

おすすめはプロへの依頼!飲食店にカウンター席を設置する方法

飲食店にカウンター席を設置する方法は、

  • プロの内装業者に頼む
  • DIY

のどちらかです。しかし、快適なカウンターを導入するためには、素材の見極めや買い付けから施工まで、専門的な知識と経験が求められます。

カウンター席はお客さまが肘を乗せて体重をかけることも多いので、安全性と仕上がりを考えるとプロの内装業者に依頼するのがおすすめです。

カウンターを設けて居心地のよい飲食店に仕上げよう

カウンター席があると、お1人さま客の取り込みや質の高いサービスの提供ができるようになります。ただし、動線の邪魔にならず、効率のよいレイアウトで良質なカウンター席を設置するためには、プロの手助けが必要です。

お1人さま客をメインターゲットにする中小規模の飲食店は、内装業者に頼んで質のよいカウンター席を導入しましょう。