繁盛する立ち飲み屋の内装に共通する2つのポイント

立ち飲み屋

小スペースで比較的安い資金で開業できる立ち飲み屋は、飲食店経営初心者でも始めやすい事業です。

店員やお客さん同士の距離が近いためコミュニケーションがとりやすく、常連客を確保しやすいのも魅力です。

立ち飲み屋を繁盛させるためには、メニューや価格設定などとともに、お店の内装が重要です。

今回は、繁盛している立ち飲み屋の内装について、2つの共通点をご紹介するとともに、立ち飲み屋開業の初期費用やメリットなどを解説いたします。

繁盛する立ち飲み屋の内装2つの共通点

繁盛している立ち飲み屋の内装には、下記2つの共通点があります。

1. 外からお客さんが見える

繁盛している立ち飲み屋は、外からお客さんの様子が見える作りにしていることが多いです。これは、外からお客さんが見えると、お店の中の活気が外に伝わり、お客さんを呼び込み効果があるためです。

初めて来るお客さんは、どのお店が人気なのかは分かりませんが、少し暗い雰囲気の飲み屋は避けてしまうことが多いです。

なぜなら、暗い雰囲気のお店は活気が感じられず、あまり人気のない場所であると感じてしまうからです。

逆に、既にお客さんで賑わっているお店ならば、比較的人気のあるお店であると判断できるので、初めての方も入店しやすいでしょう。

2. 移動距離が少なくなる配置

繁盛している立ち飲み屋は、料理やドリンクの提供が早く、店員がテキパキと行動しています。料理の提供が早いのは、店員の熟練度ももちろんですが、内装の工夫も大きく関係しています。

立ち飲み屋は、小スペースのお店が多いです。そのため、物や人で移動が妨げられることも多々あります。

とくに、厨房内は人1人が通れるスペースしかない場合もあります。このような小スペース内を頻繁に移動すると、時間のロスが生まれ、お客さんへの提供が遅れます。

そこで、物の配置や人の動きを考慮して、移動距離が少なくなるよう内装を工夫します。こうすることで、繁盛店では素早い対応を実現しています。

立ち飲み屋の開業の初期費用内訳

立ち飲み屋の開業には、開業資金と運転資金の2つが必要です。この2つの資金を合計すると、立ち飲み屋開業の初期費用は1,000万円程度です。

開業資金だけでもお店を開くことは可能でが、1ヶ月目から順調に収益を上げられるとは限りません。運転資金として数ヶ月分の維持費を用意しておくべきでしょう。

開業資金にかかるお金は400万円程度

開業にかかるお金には、物件取得費、設備費、広告・宣伝費、求人費、食材調達費などが挙げられます。

お店として利用する場合、物件を借りるためには、初期費用として半年から10ヶ月分の保証金・敷金を支払う必要があります。

家賃10万円の物件を借りる場合でも、100万円程度は用意しておきましょう。

設備費には、空調設置や内装工事費など計200万円程度かかります。広告・宣伝費は30~50万円、食材調達費も50万円程度必要でしょう。

以上より、開業資金は400万円程度です。

運転資金は半年分の必要経費など600万円程度必要

運転資金には、消耗品代、家賃、水道光熱費、通信費、雑費などが含まれています。

これらの費用を合計すると、毎月150万円程度はかかるでしょう。半年分の運転資金を用意する場合は、600万円程度必要です。

立ち飲み屋の開業メリット

立ち飲み屋の開業には、居酒屋にはないメリットがあります。以下では、立ち飲み屋開業の3つのメリットをご紹介します。

1. 開業資金が安く、初心者に最適

小スペースでも店を構えることができる立ち飲み屋は、家賃や物件取得費用などの初期費用を抑えられます。少額資金でも開業できるため、リスクが小さく、飲食店経営が初めての方に最適です。

2. 1人客を獲得しやすく、居酒屋に客が流れることは少ない

立ち飲み屋では、団体のお客さんに加え、1人飲みのお客さんも獲得しやすいというメリットがあります。

通常の居酒屋は、テーブル席しかないところも多く、団体客を想定した作りとなっています。そのため、1人客の方が訪れることはあまりありません。

一方、立ち飲み屋では、1人飲みが珍しくなく、居酒屋が取り損ねたお客を獲得できます。

3. 客との距離が近い

立ち飲み屋は、小スペースでお客さんとの距離が近いという特徴があります。そのため、お客さんとの会話が弾みやすく、常連客ができやすいです。

立ち飲み屋を開業すれば、毎日さまざまな人と会話ができるので、いつも新鮮な気持ちで仕事に望めます。お喋りが好きな方ならば、普通の居酒屋よりも立ち飲み屋開業がおすすめです。

繁盛店の内装を参考にしよう!

繁盛している立ち飲み屋の内装の特徴や、立ち飲み屋開業に必要な費用、立ち飲み屋を開業するメリットをご紹介しました。

繁盛している立ち飲み屋の内装には共通点があります。その共通点を知ることで、立ち飲み屋を成功させるヒントが見つかるはずです。

繁盛店の特徴を自分なりに分析し、ぜひ自身のお店の内装に活かしてみてください。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事