飲食店のアイドルタイムとは?平均的な時間帯や活用ポイント

従業員の教育

飲食店にはピークタイムの反対にアイドルタイムというものがあります。

アイドルタイムにはどんなメリット、デメリットがあるのか、そしてアイドルタイムをどのように活用すればいいのかについて解説します。

飲食店のアイドルタイムとは?

飲食店のアイドルタイムとは、利用者が少ない時間帯のことを指します。

一般的にモーニング、ランチ、ディナーの間がアイドルタイムになることが多いです。

アイドルタイムは軽食を出す飲食店や本格的な料理を出す飲食店、アルコールを提供する飲食店などによって変動します。

住宅街にある、都心部にある、ビジネス街にあるなど、飲食店の立地条件によっても変動するので、自分の飲食店のアイドルタイムをきちんと分析、把握しておきましょう。

飲食店でアイドルタイムを設定するメリット・デメリット

飲食店ではアイドルタイムを設定することでさまざまなメリットを得られます。

一方でデメリットもありますので、アイドルタイムを設定すべきなのか、通常通り営業すべきなのかをよく考えましょう。

教育や準備期間にあてられるメリットがある

アイドルタイムを設定することで、新人教育や次のピークタイムに向けての準備にあてることができます。

新人のスタッフに接客などに関するマニュアルを教えたり、テストを実施したりと、従業員の質を高める研修をしたりする時間にあてるのがおすすめです。

ランチ営業とディナー営業を完全にわけている飲食店の場合、店内の清掃をしたり、ディナー営業の仕込みをしたりする時間にあてられるでしょう。

売り上げが出ずコストが発生するデメリットがある

アイドルタイムは収益が出にくいです。

その間にも人件費や家賃、光熱費は発生しているため、コストがかかってしまいます。

アイドルタイムを作らないためにあえてランチ営業、ディナー営業の他カフェ営業やモーニング営業などをおこなっている飲食店もあります。

飲食店におけるアイドルタイムの平均的な時間帯

飲食店では基本的に多くの人が食事をとる時間以外がアイドルタイムになりやすいです。

お昼前、お昼過ぎ、仕事が終わる前の夕方の時間帯はアイドルタイムになる飲食店が多いです。

軽食メインの飲食店の場合はディナータイムがアイドルタイムになりやすく、営業時間を短めにすることもあります。

飲食店におけるアイドルタイムの活用ポイント

アイドルタイムは無駄に過ごさず、収益を上げるための準備時間と意識することが大切です。

スタッフの質を高めるために教育をする、店内を綺麗にする、新メニューの考案、顧客の分析をおこなうなどの活用方法があります。

また、アイドルタイムを減らすために軽食メニューを充実させる、アイドルタイムに来店することで特別なサービスを提供できるようにするなどの方法もおすすめです。

飲食店のアイドルタイムについて考えよう

飲食店のアイドルタイムについて解説しました。

食事をする人が少ない時間帯は多くの飲食店にとってアイドルタイムになりやすいです。

その間にも人件費、光熱費、家賃などの出費は発生していますので、少しでも無駄のないように過ごしましょう。

ピーク時にはできない清掃や新しいメニューの考案、スタッフの教育などがおすすめの活用方法です。

ランチ営業とディナー営業を完全に分けて人件費や光熱費をカットする、アイドルタイムを減らす工夫をするなどの方法もあります。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

中国语