自宅でのパン屋開業にかかる費用や注意すべきことなど詳しく解説

パンを焼く女性

パン作りの趣味が高じて、自宅でパン屋を開業したいと考える方も多いのではないでしょうか。自宅でパン屋を開業する場合、どれくらいの費用やどんな準備が必要かを解説します。

すぐに開業したいという方も、将来的に開業したいという方もぜひ参考にしてみてください。

自宅でのパン屋開業にかかる費用

自宅でパン屋を開業する場合、初期費用とランニングコストが必要になります。

初期費用

自宅でパン屋を開業する場合必要となる初期費用は、開店に必要な資格の取得費用、厨房設備リフォーム費用、改装費用、厨房機器費用、宣伝費用などです。

必要な資格は飲食店営業許可・食品衛生責任者・菓子製造業許可の3つになります。これらの取得費用は、合計で4万2,000円程度です。

厨房設備リフォーム費用、店舗改装費用、厨房機器費用は、自宅をどの程度活用できるかによってもかかる金額が変わってきます。厨房設備リフォーム費用は50万~240万円程度を目安としておきましょう。販売スペースを作る場合は、その改装費用や内装工事費用も必要になります。ご自宅を活用してサンルームを作る場合は、50万円程度かかります。

厨房機器として必要なのは、業務用オーブン、発酵器、ミキサーなどです。グレードにもよりますが、最低でも40万円くらいかかると考えておきましょう。

口コミで広がるのを目指してこじんまりと始める場合でも、最初はチラシを作ってポスティングする必要があるでしょう。ご自身で作成して印刷すれば費用は節約できます。

ランニングコスト

自宅でパン屋を始める場合は、仕入れ費用や水道光熱費などのランニングコストが必要になります。売上があまりないうちはランニングコストとしてかかるお金を用意しておくことで、安定して営業することができるでしょう。

自宅でパン屋を開業する手順

自宅でパン屋を開業するときは、まず必要な資格を取得する必要があります。どれも講習を受けることで取得できる資格です。

それと同時に自宅のキッチンを改装し、店頭販売できるようにリフォームを行いましょう。パン作りはスペースが必要になりますが、ご家族の生活スタイルを乱さずに済むようにしっかりとスペースを確保することをおすすめします。

開店日の目処が立てば、チラシづくりなどを行って宣伝活動を始めましょう。

自宅でパン屋を開業するメリット

自宅でパン屋を開業するメリットは、初期費用をかなり抑えられるというポイントです。店舗を借りて厨房設備を揃える場合、初期費用は約1,700万円かかると言われています。

自宅で開業する場合は規模は小さくなってしまいますが、自宅のスペースを活用して店舗づくりが可能です。ある程度売上ができるまで、今ある厨房設備でできる範囲の営業から始めることもできます。

自宅でパン屋を開業する際の注意点

自宅でパン屋を開業する際は、家族の生活スペースを保ちながらパンづくりをするスペースを作ることを意識しましょう。家族の生活スペースを占有してしまうと、家族が生活しづらい家になってしまいます。

また生活リズムを考えて営業することも大切です。パン作りは生地の生成から焼き上がりまで時間がかかります。早朝から作業を始めることで、家族が生活するスペースをキープするという方法もありますが、寝静まっているうちから作業をすると家族の生活リズムが狂ってしまうこともあります。

家族の生活をできるだけ崩さず営業できるように考えて、スペースを確保したり、営業時間を設定したりするようにしましょう。

無理なく始められるのが自宅でパン屋を開業するメリット

店舗を借りてパン屋を開業しようとするとかなり資金が必要ですが、初期費用を抑えながら自分のお店を構えることができるのが自宅でパン屋を開業する大きなメリットです。自宅でパン屋を開業するときは、家族の生活を考えてリフォームを行い、営業時間を設定しましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事