飲食店開業の成功は立地次第!いい立地・悪い立地の見極めポイント

街角のカフェ

飲食店を開業するにはまず場所を決めなければなりません。この土地決めは何よりも慎重になる必要があります。

飲食店が成功するかどうかは、立地にかかっているといっても大げさではありません。

どのような立地を選ぶべきなのかのポイント、悪い立地を選んでしまったときの挽回策について解説します。

飲食店開業で立地を選ぶ際のポイント

飲食店の土地を選ぶ際、すべての飲食店が同じ条件の土地を狙って良いわけではありません。

どのような飲食店にするかによって、狙うべき土地は違います。

立地条件から、どんな土地を選べば良いのか考えてみましょう。

回転率の高さを狙うなら路面店

ランチタイムに稼ぎたい、個人客をターゲットにしたい、回転率を高くしたい場合は路面店がおすすめです。

ラーメン屋などはこれにあたります。

日中に人通りが多く、オフィス街や学生街などの入りやすい立地を探しましょう。

派手な広告を打たなくても高い集客率を見込めます。

このような土地は飲食店に限らず多くの需要があるため、家賃も高いです。

利益を出せるか不安な場合は一番人気のこのような場所は控えた方が良いでしょう。

顧客単価を増やすなら二等地

回転率ではなく顧客単価を上げるという営業方法もあります。

メニューの一つ一つが高い分、ゆったりできる、おしゃれな内装を楽しめる、独特のコンセプトを用意するなど、若者に人気が出そうなカフェの場合は、二等地がおすすめです。

二等地とは、路面店ではなくビルの2階や3階、駅から遠いなど、少し条件の悪い土地のことです。

二等地は家賃、敷金、礼金が安いだけでなく、ライバルが少ないのでじっくり吟味してから契約に進めます。

リピーターを重視するなら隠れ家的立地

リピーターを増やすことでコンスタントに利益を上げ続けられます。

地域の憩いの場にしてほしい、特別感のあるお店にしたいという場合は、アクセスの悪い場所、住宅街など、隠れ家的な土地がおすすめです。

場合によってはアクセスが悪い方が特別感があり、顧客の満足度を上げられます。

土地と飲食店の需要をよく見極める

条件に合う土地を選べば成功するわけではありません。

その土地の飲食店の需要を見極めましょう。

例えば、オフィスがたくさんあるのに近くにランチができるお店が少ない場合成功しやすいです。

反対に、似たようなお店がすでにたくさんある場合は、良い立地でも失敗してしまうでしょう。

悪い立地でも挽回のチャンスはある

立地の見極めに失敗してしまっても挽回のチャンスはあります。

近年はテイクアウトの需要が高まっていますので、弁当や食べ歩きできるメニューなどの開発にも力を入れましょう。

住宅街の場合デリバリーもおすすめです。

また、おしゃれなメニュー、オリジナリティのあるメニューは、SNSで一度拡散されればかなりの宣伝効果があります。

ありきたりなメニューばかりではなく、食べたことを人に自慢したくなるようなメニューも考えてみましょう。

飲食店の成功のポイントは立地が7割!

飲食店が成功するかどうかは立地にかかっているといっても過言ではありません。

回転率、顧客単価、リピーター、その地域での需要を見極めて、成功できる立地を選びましょう。

立地だけでなく、テイクアウトやデリバリー、SNSによる宣伝などの工夫も必要です。

より多くの人に自分の飲食店を知ってもらうためにできることを考えてみてください。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事