飲食店におすすめのレジの種類や選び方のポイントを解説

レジで会計

飲食店で使われるレジにはさまざまな種類がありますが、目的や予算によって適切なものを選ぶ必要があります。

飲食店開業時にどんなレジを選べばいいのか、レジの種類や選び方、さらに設置時の注意点について解説していきます。

飲食店におすすめのレジの種類

お店に欠かせないレジには、いろいろな種類が販売されています。

ここでは、飲食店によく取り入れられるおすすめのレジの種類を3つ紹介します。

それぞれの特徴をチェックして最適なものを選びましょう。

レジスター

一般的なレジです。

会計をするためだけのシンプルなタイプですが、操作が簡単で費用が安いというメリットがあります。

ミスしやすい、大きいためある程度の設置面積が必要などのデメリットがあるので注意しましょう。

タブレット型レジ

近年人気なのがタブレット型のレジです。

タブレットに専用のアプリをインストールして使うタイプです。

操作しやすく、持ち運びもしやすい、コンパクトで設置場所に困らないなどのメリットがあります。

しかし、タブレット以外にも専用のシステムが必要になるため、導入コストがかかりますし、ネット環境も必要になります。

POSレジ

POSレジとは顧客の管理や在庫の管理などができる機能がついたレジです。

レジスターと形はあまり変わらず、機能性、操作のためのボタンが増えたタイプです。

さまざまな管理ができるので売り上げからメニューを変更するなどの経営に役立てられます。

飲食店に導入するレジの選び方

飲食店のレジの種類を紹介しました。

導入する際にはどのようなポイントをチェックすればいいのかについて解説します。

クレジット決済ができる

近年はクレジット決済だけでなくスマホ決済などをメインにしている方も多いです。

さまざまな決済方法に対応しているレジを選ぶことで、より顧客を獲得しやすくなります。

店舗独自のポイントを利用できる、各クレジット会社などのポイントを利用できるレジなどもおすすめです。

顧客の分析ができる

一般的なレジは操作が簡単で安価ですが、顧客管理はできません。

ですが分析ができる機能があれば経営に役立てられます。

長く飲食店を続けるためにも、また分析の手間を省くためにも分析機能のあるレジはおすすめです。

オーダーエントリーシステムがある

オーダーエントリーシステムとは端末からメニューをオーダーできるものです。

これとレジが連携できるタイプを選べば入力ミスが防げるだけでなく従業員の負担もカットできます。

人件費削減やミスの低下に役立つでしょう。

飲食店のレジ設置で注意すること

飲食店のレジを導入する際は、会計のシミュレーションもおこないましょう。

テーブル会計の場合はタブレット型のレジが便利です。

小さい店舗の場合は、レジを設置するのに充分なスペースを確保できるか考える必要があります。

また、調理場に近い、調理スタッフが会計業務もおこなう場合は、万が一に備えて防水機能のあるレジを選ぶ、水に濡れにくい場所に設置することも大切です。

各飲食店に合うレジを選びましょう

飲食店のレジ選びについて解説しました。

高級店や広い飲食店、回転率重視の飲食店や狭い飲食店などによって適切なレジは違います。

タブレット型や多様な決済に対応している、分析機能があるなど、レジの種類も多様化しているため、目的をきちんと定めて最適なレジを選ぶようにしてください。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

line友達登録

中国语