キャッシュレスPayPay入れなきゃ飲食店の集客は下がる!?

何故今キャッシュレスブーム?

キャッシュレスというとクレジットカードやICカード、タッチ型決済、スマホ決済が主流ですね。

キャッシュレスとは現金以外の方法で支払う事を言います。公共料金の支払いでの口座引き落としもキャッシュレスです。

その中でもPay Payを始め、LINEPayや楽天Pay等QRコードやバーコードでのスマホ決済の需要が急激に伸びています!!!

何故今こんなにもキャッシュレスブームなのか?

乗り遅れた方にもわかりやすくお伝えします(^_-)-☆

『キャッシュレス 消費者還元事業』

2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策としてキャッシュレス対応により生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の9ヵ月間に限り、中小、小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

、、、難しい事を言っている様ですが、簡単に言うと

『現金で払うよりもキャッシュレスで支払った方が消費税で上がった分以上のポイントが還元されてお得で更に支払いも便利になりますよ』

という事です。

その中でもキャンペーンが盛り沢山で還元率の高いPayPayを利用する人が急激に増えているというわけなんです!!!

PayPayの利用者は約1500万人。

大手チェーンのコンビニ、ドラックストア、飲食店では既に導入済です。

これだけ復旧するとPayPayの使えないお店は使わない、、という消費者も増えていきます。

でもPayPayて何?導入にはお金がかかるの?と疑問だらけの経営者の方にわかりやすく説明していきたいと思います(^_-)-☆

PayPayとは?

先ずはPayPayとは何なのか?

PayPayとはソフトバンクとヤフーが合同会社を設立して提供されるQRコード、バーコードリーダーでの決済サービスです。

インド最大の決済サービス事業者である「Paytm(ペイティーエム)」という会社と連携しているだけでなく中国でメジャーなQRコード決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」にも対応しており、インバウンド対策もバッチリ!

テレビCMや広告、SNSでも『100億円あげちゃう!』の大型還元キャンペーンでPayPayという名前だけでも知っている人は多いのではないでしょうか?

使い方はとても簡単でスマホでPayPayアプリをダウンロードし登録したら直ぐに使えます(^_-)-☆

Yahoo IDやYahoo!マネーを登録している人は連携出来るのでクレジットカードや銀行口座の登録等面倒な登録の手間が省けます!

「店舗に設置されたQRコードをスマホのカメラで読み取って金額入力をする」か「スマホに表示されるバーコードを店員さんに読み取って支払う」の2通りで支払いができます。

また、PayPayは決済だけでなく個人間送金(PayPayを持つ友達同士で送金)することもできます。
相手のバーコードを読み取る、もしくは電話番号を指定することで送金する事が可能です。

PayPayチャージ方法

  • クレジットカードのヤフーカードでチャージ
  • 銀行口座からチャージ
  • Yahoo!マネー残高をチャージ
  • セブン銀行ATMから現金でチャージ
  • ソフトバンク・ワイモバイルとの連携でチャージ
  • ヤフオク!の売上金からチャージ
  • ギフトカードからチャージ

以上がチャージ方法です。

普段の買い物にクレジットカードを利用しているという方は、クレジットカードをPayPayに登録しておくと便利です。
注意しなければならない点は、PayPay残高にチャージできるクレジットカードはヤフーカードのみという点。

また、PayPayを通して他のクレジットカードで決済する際の還元率は0%ですが、ヤフーカードの場合は最大10%にアップするので、PayPayに登録するならヤフーカードがおすすめですよ!

ヤフーカードやソフトバンク、ワイモバイルのユーザーは迷わず登録ですね!

このように消費者側は簡単便利にキャッシュレスが出来、更にはキャンペーンでよりお得にポイントが還元されるわけなんですね!

同じ支払うならポイント還元されないお店よりされるお店に行きますよね?

キャッシュレスに対応出来ないだけでお客さんを失うのは損です!

次はPayPayの導入方法を見てみましょう(*^_^*)

飲食店でのPayPay導入費用は?

専用端末は必要?初期費用はいくら?と疑問は沢山あると思いますが読み取り支払いなら専用端末も初期費用も必要有りません!

スマホとバーコードだけで決済が可能なんです!

  • 初期導入費
  • 決済システム導入費
  • 入金手数料

※決済システム利用料は、ユーザーが読み取る支払いのみ対象です。2021年9月30日まで無料といたします。

※入金手数料は、ジャパンネット銀行の場合は永年、その他銀行の場合は2020年6月30日まで無料です。

期間限定にはなりますが以上の3点が無料になります。

更に今なら 「加盟店ご紹介キャンペーン」 を実施していて PayPayを使っている店舗がPayPayを使っていない店舗を紹介し、紹介先の店舗で合計500円以上の決済が行われると紹介元には1,500円、紹介先には1,000円のプレゼントがされます!

スマホとバーコードだけで決済でき、初期費用も無料なら個人店のオーナーさんも安心ですね(*’ω’*)

PayPay導入方法

PayPayは申し込みから1週間程度でご利用出来る様になります。

ご利用までの流れ

  1. 申し込み開始
  2. メール受信
  3. 審査情報入力
  4. 審査
  5. 初期設定
  6. ご利用スタート

お申し込みはこちら

https://business.paypay.ne.jp/entry/?utm_source=gkt&utm_medium=cpc&utm_campaign=2019_store_campaign&utm_content=4_1_1_231_666_1&publisher_id=google_g&media_id=&keyword=paypay&device=&gclid=EAIaIQobChMIpsHX9PHl5QIVmF1gCh162gMOEAAYASAAEgIkrfD_BwE&_ga=2.131040520.682686413.1573603519-171896192.1573092987&_gac=1.11756288.1573603520.EAIaIQobChMIpsHX9PHl5QIVmF1gCh162gMOEAAYASAAEgIkrfD_BwE

必要事項を記入してメールを送信するだけなのでとてもお手軽に始められます(^_-)-☆

お客様も従業員も現金やクレジットカード決済と比べてバーコードを読み取るだけなのでかかる時間も手間もグンと減ります。

また、アプリでお客様側は『近くのお店を探す』で付近のPayPayが使える店舗を地図から検索出来るのでそこからお店を選ぶ人も増えています!

12月に向け飲食店は1番の繁忙期!忙しくなる前にPayPayの導入を検討されてみてはいかがでしょう(^^)/

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事