故障した製氷機の交換|中古と新品どっちがいい?

「7年使った製氷機が壊れてしまったので、
急ぎで交換したいのだけど中古と新品どっちがいいですか?」

このようなご質問は、
私たちが最もよくいただく質問のひとつです。

安い中古の厨房機器と新品どちらを選ぶべきでしょうか?

ズバリ!
答えは、・・・・

どちらとも言えません!

なぜかと言いますと
それぞれの条件によって答えが違うからです。

条件というのは例えば、

  • 中古品の年式はどのくらいか?
  • 使用状態はどんなものか?
  • ちゃんとメンテナンスされていたものか?
  • 保証はついてるか?

などです。

ただでさえ過酷な環境の中で使用される厨房機器です。

外見はキレイでも中身はボロボロということもあれば、
反対に、見た目は悪くてもまだまだ使えるというものもあります。

では、その判断基準はどこにあるのでしょうか?

一般的には、
修理が必要になる可能性と修繕コストで考えます。

こんなときは「割高」でも新品を選ぶべし

例えば、15万円の新品の製氷機器と
5年落ち9万円の中古品があったとしましょう。

この場合は、
絶対に新品がおススメです。

なぜでしょうか?!

厨房機器の中でも製氷機は、
トラブルが多く修繕が必要になるケースが多い製品だからです。

例えば、製氷機の場合、
修繕費が1回あたり大体3万円くらい。

新品と中古の差額が6万円だった場合、
中古品を2回以上、修理することになったら、
新品を買った方がお得ということになります。

そして、これは厨房機器全般に言えることですが
修理代金は決して安くはありません。

出張費だけで数千円。
これに作業費がかかります。
さらに、部品代はほぼ定価でかかります。

ここだけの話、
よくわからないリサイクルショップや
ネット通販などで買った中古の厨房機器に関して、
メーカーは強気で修繕費用を請求してきます。
つまり、高くつく場合が多いと考えておきましょう。

ただし、製氷機の中古品はすべてNGというわけでは決してありません。
中古の中でも3年落ち位まででしたら中古の方がよいと思います。

また、買取店によっても
メンテナンスの仕方は異なりますので、
しっかりと洗浄・試運転・メンテナンスを
してくれるところももちろんあります。
全部が全部、不具合を起こすというわけでもありません。

厨房機器は、飲食店にとって商売道具です。
できれば安さよりも性能面を見て厨房機器を選びたいですね。

いきなり壊れて営業ができなくなってしまう
そんなことのないよう厨房機器選びで迷われたら
いつでもご相談ください。