厨房機器のリース審査|NGになる人によくある3つのケース

「これから飲食店を開業しようと思っていて、
厨房機器はリースにしようと思っているんだけど、
リースの審査って簡単に通るかな?」

↑リースの問い合わせでよくいただくご質問です。

リースが通らないと、
開業の初期費用がかなり変わってきてしまいます。
だから、審査に通るかどうかは重要なことですよね。

何年か前までは審査基準は、そこそこ甘い時代もありました。
でも、最近はなかなか厳しくなってきているかもしれません・・・。

リースの審査では、基本的にリースをしたい方の
「与信情報」というのがチェックされます。

与信情報とは、クレジットやローンなどの
返済や支払状況などの記録のことです。

「個人」として開業する場合は、個人、
「法人」として開業する場合は、会社と代表者の
情報が調べられます。

心当たりがあると「危険信号」な3つのケース

これまで他社でリース審査がNGになってしまったという方から、
いろいろお話を伺っていくなかで、
審査が通らない方は、大体下記の3つのケースが当てはまることが分かりました。

  1. 現在/過去にクレジットカードなどを使用した際に支払いが遅れた事がある。
  2. 現在/過去に携帯電話の代金の支払いの遅延がある。
  3. 住宅や車のローンなどの支払いを遅れた事がある。

いかがでしょうか。
心当たりはありますか?

この3点に心当たりがなければ
安心して審査申し込みを入れても大丈夫です!

でも、万が一心当たりがあったら・・・・

そんなときは厨房屋にご相談ください!
厨房屋では他社で断られたお客様でも審査が可能です。
また、審査が通るケースも多くあります!

しかも、他社より安い金額で!

なぜ、厨房屋は他社でお断りされたお客様でも審査が通るのか?
そしてなぜ厨房屋のリースは安いのか?

続きは、次回お話させていただきますm(__)m
それでは!!

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事