コンセプト決めや詳細な指示出しなど!カフェ開業で理想のデザインを実現するための2つのコツ

カフェ

カフェを開業するにあたって、理想のデザインを実現したいなら、

  • カフェのコンセプトを確定させる
  • 内装工事業者に詳しく指示を出す

ことを意識するのがポイントです。理想のデザインがあっても、内装業者へ伝えられなければ理想の店舗にはなりません。また、予算にも限りがあるため、費用の調整も必要です。

今回は、カフェ開業で理想のデザインを実現するために知っておきたい2つのコツと、カフェ内装デザインのパターン例などをご紹介します。

古民家風に映え重視など!カフェ内装デザインのパターン例

カフェのデザインを検討するときは、

  • 都会的なオープンカフェ
  • 古民家風デザイン
  • 映えスポットを設けたおしゃれデザイン

といった既存のデザインを参考にしましょう。

都会的な雰囲気が売り!開放感のあるオープンカフェスタイル

スケルトンや大きな窓などを使って、開放感のある空間を演出するスタイルは、大通りの路面店などに最適です。シンプルな木材やコンクリート打ちっぱなしのデザインにすると、モダンで都会的な雰囲気にすることができます。

雰囲気重視のカフェに最適!古民家風デザイン

隠れ家的な雰囲気重視で、お客さまにゆったりとくつろいでほしい場合は、古民家風デザインもおすすめです。基本的には木材を多用し、やや暗めの照明を使うなどして質感にこだわりましょう。

多少大通りから離れていても、一度気に入ってもらえばリピーターを確保しやすいのが強みです。

「映え」を意識したおしゃれデザイン

若い女性をターゲットに、映えを意識したおしゃれなデザインに仕上げる場合もあります。SNS全盛期の現代では、思わず写真を撮って共有したくなるようなメニューや撮影スポットを準備することで、集客に成功するケースも少なくありません。

カフェを理想のデザインにするコツはコンセプトを確定させること!

カフェ開業時のデザインを成功させるためにも、

  • カフェのコンセプトを明確にする
  • 面倒くさがらずに内装工事業者と詳しく打ち合わせをする

ことに注意しましょう。

コンセプトがぶれると内装デザインはあいまいになる

  • 来店してほしい客層
  • おおよその客単価
  • 平均的な滞在時間

など、店舗のコンセプトによって、最適なデザインは変わります。コンセプトがぶれていると、どれだけデザインにこだわっても売り上げという結果を残せません。

むしろ、内装工事業者と意思疎通できず、不満の残るデザインになってしまうので、立地や好み、提供できるメニューなどに合わせてまずはカフェのコンセプトを固めましょう。

頭の中のイメージを詳しく業者に伝えることも大切

カフェのデザインを指示する際、妥協せずにデザインイメージやこだわりを業者へ伝えることも重要です。打ち合わせの際に参考資料を用意したり、施工中もこまめに工事の様子を確認したりして、イメージと完成図に大きな違いが出ないように配慮しましょう。

カフェのデザインが売り上げを左右する理由は集客とリピーター率に直結するから

カフェの集客力は、デザインによって大きく左右されます。開業直後はカフェの知名度もなく、広告をしないと新規客の集客をできません。運転資金に余裕がない、または立地がよい場合は、入りやすいオープンカフェ系のデザインがおすすめです。

また、カフェのデザインはリピーター率にも影響します。カフェのコンセプトと内装デザインが合っていないと、次回以降の来店を望めないため、カフェ開業ではコンセプトに合った内装デザインが重要なのです。

コンセプトや立地に合わせたデザインで理想のカフェを開業しよう

カフェ開業を考えているなら、店舗デザインにこだわる必要があります。ただし、施工をしてくれる業者へイメージを詳しく伝えないと、理想のカフェには仕上がりません。

立地や予算によっても適したカフェデザインは変わってくるので、まずはカフェのコンセプトづくりに集中しましょう。